頭皮の痒みシャンプー

頭皮のかゆみは合成シャンプーが原因
トップページ > 頭皮のかゆみは合成シャンプーが原因

頭皮のかゆみは合成シャンプーが原因

薬局などで売られている安価なシャンプーは、合成シャンプーといって食器を洗う洗剤と同様の「合成界面活性剤」といった洗浄成分が使われていることが多いです。
この合成界面活性剤は、強い洗浄性が特徴となっていて、汚れだけではなく皮脂までごっそりと落としてしまうことが分かっています。

 

頭皮の痒みシャンプー,

必要な皮脂は頭皮を守る機能もありますから、落とされてしまえば外部の刺激から守るバリア機能の低下によって、かゆみを誘発する物質から守れずにかゆみが起きやすくなるといえます。

 

さらに、取り除かれた皮脂が補われるように頭皮に過剰な皮脂分泌が起きることも分かっています。

 

こちらは、脂漏性皮膚炎に繋がりやすくなっていて、症状にはかゆみなどが起きると言われています。

 

また、合成シャンプーの合成界面活性剤自体が直接的に頭皮のかゆみを引き起こすことも分かっています。

 

こちらは、動物を使った実験で判明していて、合成シャンプーの原液を塗った部分に皮膚障害(かゆみや炎症など)が起きて、1週間以上もすると毛がごっそりと抜け落ちたといったことが分かっています。

 

このようにダメージを与える成分でいて、残留性が高いことからこういった結果が導き出されたことも同時に判明しています。

 

以上のように、合成シャンプーによる脱脂力やそのものの成分によってかゆみに繋がると言えます。

 

かゆみは頭皮環境の悪化でいて、抜け毛や薄毛に繋がるといわれているために、育毛に取り組んでいる場合はいますぐ合成シャンプーの使用を中止することが大事で、洗浄力が適度で刺激が弱いものを選ぶことがおすすめとなります。

 

この際、アミノ酸由来のもがおすすめとなりますが、アミノ酸の中でも洗浄力を補うために合成界面活性剤が使われるものもありますので要注意です。

 

成分表に、ラウレス硫酸Na・ラウリル硫酸Na・ラウリル硫酸カリウムがある場合は、上のようなかゆみを引き起こす合成界面活性剤が入っているので購入は避けた方がいいでしょう。

 

合成シャンプーを続けるとかゆみだけではなく、抜け毛にも繋がる!?

 

頭皮の痒みシャンプー,

合成シャンプーは、かゆみだけではなく髪を保護するキューティクルを剥がしてしまうと言われています。

 

キューティクルが剥がれると髪内部の栄養や水分も失われてしまうので、栄養やツヤのないパサパサな髪の毛になるとされています。

 

同時に、栄養が失われたことから抜けやすい細い髪の毛になるために抜け毛にも繋がると言われています。

中国から完全撤退