成長因子

成長因子って何?その効果は?
トップページ > 成長因子って何?その効果は?

成長因子って何?その効果は?

成長因子は、育毛剤に配合されていることもあり、特に効果の高いと言われている育毛剤の成分として採用されていることが多くなります。

 

この成長因子は、一体何なのでしょうか。

 

簡単に説明すると、細胞分裂を行なう際に必要となる因子と言われていて、新しい細胞に生まれ変わらせる新陳代謝を行なう成分とも言われています。

 

つまり、新しい細胞を作る上でなくてはならいない因子と言えます。

 

それは、体だけではなく髪にも言えることで髪は一つ一つの細胞によってできていて、髪を生み出すためには細胞分裂が活発化する必要があり、それには成長因子が必要不可欠と言われています。

 

実際に、成長因子が体内でしっかりと合成されている場合は抜け毛や薄毛に悩むことがないとされています。

 

反対に、成長因子が合成されない場合は、そちらが原因となって抜け毛や薄毛に繋がるともされています。

 

ちなみに、この分かれ目は加齢やストレスなどが原因と言われていて、それに伴って成長因子が体内で減少してしまうことが判明しています。

 

成長因子,

 

また、成長因子が満たされていることで抜け毛や薄毛を回避すること可能などだけではなく、成長因子を補うことで育毛や発毛が行なわれたといったデータも報告されています。

 

こちらは、成長因子を直接的に頭皮へと注入する薄毛治療(ハーグ療法)によって9割以上の方で効果が確認されたとの結果が出ているものです。

 

このように、成長因子が実際に薄毛治療の役に立つとの証明もあるなど薄毛の方にはうれしい因子と言えそうです。

 

安全性についてですが、もともと体で作られているものなために高いといわれていて、治療に使われる際の副作用のリスクもほとんどないとされています。

 

同時に、薄毛治療として用いられるミノキシジルやプロペシアでは副作用のリスクがあると言われていて実際に副作用に悩んでいる方も多く、成長因子を使った治療に乗り換える方がいることも分かっています。

 

1g8000万円から研究によって、遂に大量生産による実用化に至る!?

 

成長因子,

成長因子が発見されて実用化に至たるまでには十数年もかかったと言われていて、発見段階では>1gで8000万円と非常に高価でとても実用性のあるものではありませんでした。

 

それが、研究によって大量生産が実現して、育毛剤の成分として用いられるようにまでなっています。
とは言っても通常の育毛剤よりは少々値段が張るのは難点と言えそうです。

 

ですが、効果の実感力はやはり違うとの声が多いので、本当に抜け毛や薄毛に悩んでいる方にはピッタリと言えます。

中国から完全撤退