プロペシアの副作用

プロペシアの副作用・安易に使用してはいけない
トップページ > プロペシアの副作用・安易に使用してはいけない

プロペシアの副作用・安易に使用してはいけない

男性型脱毛症であるAGAの治療薬として用いられるプロペシアは、有効成分にフィナステリドが含まれていて、こちらは抜け毛や薄毛に繋がる男性ホルモンに働きかけることで薄毛の原因を除去する効果があるとされています。

 

プロペシアを服用した方は、悩んでいた抜け毛が減ったというような意見や抜け毛や薄毛の原因の男性ホルモンが抑制されることで増毛効果を感じる方も多くなっています。

 

ですが、プロペシアは医薬品ということもあって主作用だけではなく副作用もあるのは事実です。

 

プロペシアの副作用,

一番多く報告されている副作用としては、『性欲ダウン』『精力減退(EDなど)』があげられます。

 

なぜ性機能への副作用が生じてしまうかと言うと、プロペシアに含まれるフィナステリドはもともとは前立腺治療薬として使われていたことから性機能への副作用が起きるとされているからです。

 

人によっては、パートナーが妊活に励んでいるなどからプロペシアをやめたケースも結構多いなど、副作用の影響は大きいと言えるでしょう。

 

また、プロペシアは男性だけではなく妊婦さんや妊娠している可能性のある女性への悪影響に繋がることもあると報告されています。

 

影響ですが、プロペシアを摂取している男性と性的接触を行なって、精液が体内に入ってしまった場合は胎児(男の子)の生殖器に異常をきたすことが分かっています。

 

加えて、プロペシアの錠剤が割れて有効成分のフィナステリドを万が一妊婦さんなどが触ってしまった場合でも、経皮吸収が行なわれてしまって胎児に届いてしまうことが分かっていて、胎児(男の子)の生殖器が異常をきたすことが判明しています。

 

もちろん、プロペシアの錠剤はそんな簡単に割れるものではありませんが、その可能性がまったくないとは言い切れないのでこちらも注意する必要があると言われています。

 

ちなみに、これらの場合はかかりつけの医師に相談することが必須となっています。

 

ほかにも、子供がプロペシアを誤って飲んでしまったり割れたプロペシアを触った場合は、頭痛・めまい・湿疹などが出てしまうこともあるといった報告がされています。

 

特に、子作りする場合はプロペシアを絶対にやめておいた方が良い!?

 

プロペシアの副作用,

プロペシアを服用していて副作用を感じる方も多くなっていて、それがストレスで育毛や発毛に悪影響が及ぶこともあるとされています。

 

同時に、前項で話したとおり妊婦さんや妊娠している可能性のある方や子供にも悪影響の懸念がありますし、実際にプロペシアが原因となって胎児の生殖器に悪影響が及んだといった報告もありますので、特に子作りしている場合は違う方法で発毛や育毛に取り組まれた方がよいと言えます。

中国から完全撤退