抜け毛 ストレス

抜け毛の原因はストレスが大きな原因
トップページ > 抜け毛の原因はストレスが大きな原因

抜け毛の原因はストレスが大きな原因

抜け毛 ストレス,

抜け毛はストレスによって起きるといっても過言ではなく、抜け毛の原因となるストレスは内的なものが大きくなっていて、特に人間関係でのストレスが大きいと言われています。

 

とあるアンケート調査でも、抜け毛の方は人間関係の悩みを抱えているケースが多いといった調査結果があり、合わない人と接することでストレスになるとの声が多かったです。

 

ちなみに、なぜ合わない人によってストレスを感じるかというと、感覚の違いといわれることがありまして、無意識に使う五感が違うとも言われています。

 

例えば、同じ花をみても視覚で感じる方や人によっては嗅覚で感じることもあり、このような感覚が違うと自ずと合わないと人間は思ってしまうようです。

 

対処法としては、無理に好きになるなどはせずになるべく距離を作って接するのが良いと言われていて、趣味や仕事以外での友人など何個か居場所があると気持ちの面で距離をとりやすくなると言われています。

 

抜け毛 ストレス,

気持ちで距離を作れない場合は、物理的な距離を作る方法がお勧めとされていますが、なかなか会社内では距離を取れないこともあるとおもうので、この場合はプライベートでは一切かかわらないように線引きすることがお勧めと言われています。

 

ほかにも、運動を行なったり、一人でゆっくりお風呂に浸かったり、買い物に出かけたりなどストレスに感じていることから離れる時間を設けることも、どのようなストレスに対しても有効的と言われているのでお勧めです。

 

さて、ここからは本題に戻って抜け毛とストレスはどういった関係があるのか見ていきましょう。

 

血行不良で髪に栄養が行き渡らない?

 

ストレスを感じると、体内の血管が収縮することが分かっていて血行不良に陥ると言われています。

 

血行不良は、髪の成長に関わる栄養や酸素を滞らせてしまうことが分かっていますから、丈夫な髪の毛ではなく弱い髪の毛が生成されてしまって少しの刺激でも抜けてしまうと言えます。

 

頭皮環境が悪化する!?

 

ストレスによって体内の神経バランスが乱れると、男性ホルモンの分泌が盛んになり、この男性ホルモンは過剰皮脂分泌を引き起こすことが分かっています。

 

このようなことでは、過剰な皮脂によって頭皮の毛穴が塞がれてしまうことから酸素供給が阻害されたり毛穴周辺が炎症を起こすことで抜け毛に繋がるとと言えます。

 

髪の成長に欠かせない睡眠が不足する?

 

我々は、休息する際には体内で副交感神経が優位になって睡眠をとることができるとされていて、ストレスによって活動する際に働く交感神経が優位になると目が覚めた状態になるので睡眠がとれないと言われています。

 

そのことでなかなか寝付けずに睡眠が不足すると、成長ホルモンによる髪を生み出す細胞分裂などが行なわれないと言われていますから、しっかりと髪が育たずに丈夫ではなく抜けやすい髪になると言えます。

 

ストレスを遠ざけることで抜け毛改善だけではなく心身の健康にも繋がる!

 

抜け毛 ストレス,

SNSの広まりから、ストレスを感じる機会が多くなったと報じられることも多いです。

 

うまく対応できる方もいますが、ほとんどの方は合わない方から離れることなどができずにストレスを感じてしまうと言われています。

 

先ほども触れたように、こういう時代だからこそストレスと向き合わなくて良い時間を設けることが大事で、余裕を作るというのが大切となります。

 

ストレスを感じなくなれば、ストレスを改善することで円形脱毛症が治るように抜け毛をなくすことができますし、心身ともに健やかになるなど良いこと尽くめとなります。

中国から完全撤退